春に読みたい『卒業』がテーマのおすすめ小説10選、本のあらすじ・感想を紹介〜なりたい気分で選ぶ読書〜

こんにちは、原ちゃん(@harachan)です。

3月といえば、出会いと別れの季節です。段々と気温も暖かくなり、4月から始まる新しい生活にワクワクしてきます。今回はそんな今の時期にぴったりの「卒業」をテーマにした小説を10冊紹介します。

出会いと別れを描いた物語やタイトルに卒業が入っているものなど、読みたくなるものを見つけて頂けたら嬉しいです。

月額980円で200万冊以上の書籍、漫画、雑誌が読み放題!好きな時に好きな端末で読める。

詳しくはこちら 🔜 Kindle Unlimited

目次

砂漠

本の書き出しをチェック

四月、大学生活がはじまる。もったいつけた前口上があるわけでも、ここからが大学生という明確な線が引かれているわけでもない。ただ、気づけば僕は大学一年生になっていた。

あらすじ

入学した大学で出会った5人の男女。ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、捨てられた犬の救出、超能力対決…。共に経験した出来事や事件が、互いの絆を深め、それぞれ成長させてゆく。自らの未熟さに悩み、過剰さを持て余し、それでも何かを求めて手探りで先へ進もうとする青春時代。二度とない季節の光と闇をパンクロックのビートにのせて描く、爽快感溢れる長編小説。

感想 おすすめ度 

明日の自分が愛おしくなる、一生モノの物語

春夏秋冬の4部で構成されたストーリー展開で、伊坂さんらしく多くの仕掛けが施されています。大学生時代の青春を思い出すような、伊坂さんの作品の中でもファンの皆さんに特に人気の高い作品です。

檸檬のころ 

本の書き出しをチェック

ドアをそっと押し開けると、いつも通り数人の視線が私に向かって投げかけられた。無遠慮で非難がましいその視線をかいくぐり、消毒液と日なたのにおいが混じり合いながらこちらへ漂ってくる。保健室特有のにおい。私はこのにおいがあまり好きでない。

あらすじ

保健室登校の女友達とのぎこちない友情。同級生と馴染めない、音楽ライター志望の偏屈な女子に突然訪れた恋。大好きな彼とさよならすることになっても、どうしても行きたかった、東京―。山と田んぼに囲まれた田舎の高校を舞台に、「あの頃」のかっこ悪くて、情けなくて、でもかけがえのない瞬間を切ないまでに瑞々しく綴る、傑作青春小説。

感想 おすすめ度 

田舎の高校を舞台に、ごくごく当たり前の高校生や教師たちの日常が連作短編集として描かれています。青春時代の何気ない日常を思い出す、さわやかで温かく、ちょっと甘酸っぱい物語です

昔のちょっとダメだった自分も許せて大人になったな、と感じている人にぜひおすすめです。

四月になれば彼女は

四月になれば彼女は/川村元気/文春文庫
本の書き出しをチェック

九年ぶりです。 伝えたいことがあって、手紙を書いています。

あらすじ

4月、精神科医の藤代のもとに、初めての恋人・ハルから手紙が届いた。だが藤代は1年後に結婚を決めていた。愛しているのかわからない恋人・弥生と。失った恋に翻弄される12か月がはじまる―なぜ、恋も愛も、やがては過ぎ去ってしまうのか。川村元気が挑む、恋愛なき時代における異形の恋愛小説。

感想 おすすめ度 

大人になるにつれて恋愛から遠ざかってしまっていたり、学生時代の恋愛を懐かしむことの方が多かったりする人も少なくないと思います。そんな人にこそ読んでほしい「恋愛がなくなった世界でそれでももがく男女の物語」です。

登場人物の心情に共感し、恋愛について1つの答えを持てるきっかけになれる本だと思います。

空より高く

空より高く/重松清/中公文庫
本の書き出しをチェック

僕たちはずっと、「終わり」を背負って高校生活を送ってきた。

あらすじ

廃校が決まった東玉川高校、通称トンタマ。卒業を控えた最後の生徒たちの「終わり」に満ちた平凡な毎日は、熱血中年非常勤講師・ジン先生の赴任で一変した。暑苦しい「レッツ・ビギン!」のかけ声に乗せられて、大道芸に出会った省エネ高校生が少しずつ変わっていく―きっと何か始めたくなる、まっすぐな青春賛歌。

感想 おすすめ度 

『最後』で『終わり』だからこそ、なにかオレたち、始めてみようじゃないか!」 熱血教師の影響を受け、子供たちや周りの大人たちも変化していく様子がとても面白いです。あと真面目で内気で無口。不器用な“ムクちゃん“がすごく可愛い!

まっすぐで読んでいて清々しい気持ちになれる青春小説です。皆さんも「レッツ・ビギン!」してみませんか?

卒業(東野圭吾)

卒業/東野圭吾/講談社文庫
本の書き出しをチェック

「君が好きだ。結婚して欲しいと思っている」加賀は少しのためらいも見せずに、はっきりと言った。

あらすじ

7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。ある日、祥子が自室で死んだ。部屋は密室、自殺か、他殺か?
心やさしき大学生名探偵・加賀恭一郎は、祥子が残した日記を手掛りに死の謎を追求する。しかし、第2の事件はさらに異常なものだった。茶道の作法の中に秘められた殺人ゲームの真相は!?

感想 おすすめ度 

東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズ第1作。

ぜひ次々と起こる犯行の犯人、動機、トリックを推理しながら読み進めてみて下さい。読み応えもあって面白い作品です。

原ちゃん

私は密室トリックが複雑過ぎて全然分かりませんでした(笑)。

卒業旅行

卒業旅行 新装版/赤川次郎/徳間文庫
本の書き出しをチェック

手帳を開いたのは、偶然だった。

あらすじ

四年前の約束通り、卒業旅行の打ち合わせに集まった四人。父親たちが会社の同僚で同じ社宅に住み、K女子大に揃って入学した親友同士だ。
しかしある事件がきっかけで、それぞれの運命がわかれることに。加奈子と友江は今も大学へ通っているが、かおると由紀子は中退し家計を助けるために働いている。久々に旧交をあたためる四人だったが、再会が思わぬ悲劇を引き起こす。

感想 おすすめ度 

個人的には割と好き嫌いが分かれる作品かなと思います。

ストーリー終盤にかけて不可解な出来事が次々と起こりますが、伏線回収がされてない部分もあってちょっと不思議な終わり方でした。あえて謎のままにしておくと言うもの効果的なのかもしれないですよね。

物語としてはとても読みやすいので、さらっと読めるものがいいよ!という方におすすめです。

対岸の彼女

対岸の彼女/角田光代/文春文庫
本の書き出しをチェック

私って、いったいいつまで私のまんまなんだろう。

あらすじ

専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長、葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始めるが…。結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。多様化した現代を生きる女性の、友情と亀裂を描く傑作長編。第132回直木賞受賞作。

感想 おすすめ度 

登場人物の心理描写や女性の友人関係の様子などが、とてもリアルな作品です。

専業主婦の小夜子サイドを描く現在と、葵が高校生の時を描く過去が交互に展開していくもの面白いです。対極的な生活環境の2人の物語が人生について考えるきっかけとなってくれると思います。

卒業(重松清)

本の書き出しをチェック

夜間通用口から病院に入った。昼間に訪ねたことは何度も――この半年間で十回以上あったが、夜は初めてだったので、エレベータホールへの道順がわからず、いったん外来のロビーに向かうことにした。

あらすじ

「わたしの父親ってどんなひとだったんですか」ある日突然、十四年前に自ら命を絶った親友の娘が僕を訪ねてきた。中学生の彼女もまた、生と死を巡る深刻な悩みを抱えていた。僕は彼女を死から引き離そうと、亡き親友との青春時代の思い出を語り始めたのだが―。悲しみを乗り越え、新たな旅立ちを迎えるために、それぞれの「卒業」を経験する家族を描いた四編。著者の新たなる原点。

感想 おすすめ度 

何年かぶりに読み返して改めて面白いなと感じました

この本は学校の卒業ではなく「人生の卒業」がテーマの作品です。家族や友人など身近な人の死にどのように向き合っていくのか、4つの短編集で描かれています。

身近な人の死を経験しているかしていないかでもこの本の感じ方は変わってくると思います。過去に読んだことのある方も、ぜひもう一度読み返してみてはいかがでしょうか。

少女は卒業しない

少女は卒業しない/朝井リョウ/集英社文庫
本の書き出しをチェック

伸ばした小指のつめはきっと、春のさきっぽにもうすぐ届く。つめたいガラス窓の向こうでは風が強く吹いていて、葉が揺れるのを見ているだけでからだが寒くなる。もう三月も終わりなのに、朝と夜は手足がつめたい。こんなにも真っ暗でつめたい世界が数時間後にはぴかぴかな朝になるなんて、私は未だに信じられない。

あらすじ

今日、わたしは「さよなら」をする。図書館の優しい先生と、退学してしまった幼馴染と、生徒会の先輩と、部内公認の彼氏と、自分だけが知っていた歌声と、たった一人の友達と、そして、胸に詰まったままの、この想いと―。別の高校との合併で、翌日には校舎が取り壊される地方の高校、最後の卒業式の一日を、七人の少女の視点から描く。青春のすべてを詰め込んだ、珠玉の連作短編集。

感想 おすすめ度 

新人賞受賞後の第一作「エンドロールがはじまる」を含む、同じ高校の卒業式を舞台として、十人十色の卒業を描いた群像劇です。

少女たちそれぞれの思いが爽やかなストーリーでとても読みやすいです。題名もそうですが、言葉選びが素敵な作家さんだなと思いました。

卒業式は真夜中

卒業式は真夜中に/赤川次郎/角川文庫
本の書き出しをチェック

教室の戸は軽やかにレールの上を滑って開いた。ああ、この教室こそ、あの人にふさわしかったんだ、と映美は思った。

あらすじ

高校2年生の如月映美は卒業式の後、誰もいない3年生の教室で鳴っている携帯を見つける。思わず中を見てしまうと、そのメールには「あんな奴を放っちゃおけない。私たちの手で殺さなきゃ。今夜11時に学校で」と書かれていた。メールの文面が気になって、深夜の学校に忍び込んだ映美が目にしたのは、慕っていた先輩や、音楽教師、英語教師の思いがけない姿だった。一通のメールから、映美の人生は思わぬ方向へ転がり始める。

感想 おすすめ度 

赤川次郎の青春サスペンス・ミステリー、読んでいてだんだんと引き込まれる作品です。

想像以上のストーリー展開とドロドロの人間描写もあるのに、サラッと読めるのが赤川作品のいいところだと思います。

まとめ

今回は「卒業」をテーマに春にぴったりのおすすめの小説を10作品を紹介しました。
ぜひお気に入りのものを見つけて読書時間を楽しんで下さい。

Amazonでお得に買うには

Amazonでちょっとでもお得に購入するなら、の購入がおすすめです。現金でチャージすると、チャージ額の最大2.5%分のポイントが貰えます。

紙の書籍も電子書籍も買えるhontoがおすすめ

紙の書籍を買うときはを使ってます。

小説はもちろん、実用書やコミック、雑誌なども幅広く取り扱っていて商品が豊富な点と、サイトの使いやすさが気に入っています。電子書籍も買えるので、紙の書籍も電子書籍も使い分け本を読んでるよ!という人には特におすすめです。

全国の丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店で使えるポイントも貯まるので、ぜひ登録してみて下さい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる