【厳選】山本文緒のおすすめ小説5選-恋愛小説や女性のリアルな心理描写が魅力な著者の作品を紹介

こんにちは、原ちゃん(@harachan)です。

今回は山本文緒さんのおすすめ作品を紹介したいと思います。

2001年に『プラナリア』で第124回直木賞を受賞したことでも話題となった山本文緒さんは、悩みや葛藤を持つ等身大の女性の心情を描くのがとても上手な作家さんです。

プラナリア/山本文緒/文春文庫

私自身、恋愛小説や女性の感情を描いている小説はあまり得意ではないのですが、それでも読んでみて良かったなと思ったオススメの作品を5冊紹介します。ぜひ読んでみて下さい!

月額980円で200万冊以上の書籍、漫画、雑誌が読み放題!好きな時に好きな端末で読める。

詳しくはこちら 🔜 Kindle Unlimited

目次

山本文緒さんまず読むならコレ!

おすすめの小説5選

山本文緒さんのおすすめはこちらの5冊です!

自転しながら公転する
ブルーもしくはブルー
なぎさ
きっと君は泣く
カウントダウン

著者について

山本文緒(やまもと・ふみお)
1962年神奈川県生れ。OL生活を経て作家デビュー。99年『恋愛中毒』で吉川英治文学新人賞、2001年『プラナリア』で直木賞を受賞。著書に『ブルーもしくはブルー』『あなたには帰る家がある』『眠れるラプンツェル』『絶対泣かない』『群青の夜の羽毛布』『落花流水』『そして私は一人になった』『ファースト・プライオリティー』『再婚生活』『アカペラ』『なぎさ』『自転しながら公転する』など多数。

自転しながら公転する

自転しながら公転する/山本文緒/新潮社
本の書き出しをチェック

今日私は結婚する。 書類上ではまだ煩雑な手続きが残っているが、今日これから結婚式を挙げ、今夜から彼の部屋で暮らすことになる。不安がないわけではない。むしろ考えれば考えるほど不安しかないような気がする。だが、新しい渦に飛び込む決心の炎は、青く静かに燃えていた。 ウェディングドレスに憧れたことなどなかった。

あらすじ

結婚、仕事、親の介護、全部やらなきゃダメですか? 答えのない問いを生きる私たちのための傑作長篇。東京のアパレルで働いていた都は母親の看病のため茨城の実家に戻り、アウトレットのショップで店員として働き始めるが、職場ではセクハラなど問題続出、実家では両親共に体調を崩してしまい……。

おすすめのポイント! 

本屋大賞にもノミネートされていたので、ご存知の方も多いと思います。ぐるぐる思い惑う都の人生の選択から目が離せない、共感度100%小説!

仕事に家族の介護、恋愛まで全部を精一杯がんばるなんて無理です。疲れちゃいますよね。悩めるアラサーにオススメの一冊です。

ブルーもしくはブルー

ブルーもしくはブルー/山本文緒/角川文庫
本の書き出しをチェック

私には、男性を見る目がないらしい。 乱気流の中を行く飛行機で、私は唐突に気が付いた。 サイパンを飛び立ってから二時間、機内の揺れは収まるどころかどんどん激しくなっていく。

あらすじ

高収入でスマートな男性と結婚し、都心の高級マンションで人から羨まれる暮しを送る佐々木蒼子。しかし夫には愛人、自身にも若い恋人がいて夫婦の関係は冷めていた。恋人と旅行の帰途。偶然、一人で立ち寄ることになった博多の街中で昔の恋人・河見を見かける。彼に寄り添っていたのは、なんと自分そっくりのもう一人の「蒼子」だった。

おすすめのポイント! 

「ドッペルゲンガー?」名前も顔も同じなのに、全く違う人生を送る2人の蒼子の物語です。

「私より、あっちの蒼子の方が幸せなのかもしれない」と互いに羨む2人は1ヶ月だけ入れ替わり生活をはじめます。読みだしたら止まらない、中毒性ありの山本ワールドです。

なぎさ

なぎさ/山本文緒/角川文庫
本の書き出しをチェック

生まれ育った土地には海がなかった。四方を山々に囲まれて、山よりも高いものはやはり山だった。その間を縫うようにしてのんびりと走る鉄道で、県庁所在地である街に出ると見上げるようなビルが沢山建ってはいたが、駅前デパートの屋上から見渡す風景はやっぱり雄大なる山脈だった。

あらすじ

故郷を飛び出し、静かに暮らす同窓生夫婦。夫は毎日妻の弁当を食べ、出社せず釣り三昧。行動を共にする後輩は、勤め先がブラック企業だと気づいていた。家事だけが取り柄の妻は、妹に誘われカフェを始めるが。

おすすめのポイント! 

神奈川県の久里浜を舞台に人々の感情が丁寧に描かれています。身近にも居そうな登場人物たちに感情移入して、泣いたり笑ったりできる作品だと思います。

きっと君は泣く

きっと君は泣く/山本文緒/角川文庫
本の書き出しをチェック

椿、という名前は祖母が付けた。 刀で切り落とされたごとく、ぽとりと首を落とすこの花の名前を付けることに、母は反対だったという。けれど、祖母はためらいなく私を椿と命名した。

あらすじ

美しく生まれた女は怖いものなし、何でも思い通りのはずだった。しかし祖母はボケ、父は倒産、職場でも心の歯車が噛み合わなくなっていく。美人も泣きをみることに気づいた椿。本当に美しい心は何かを問う。

おすすめのポイント! 

誰もが悩み傷つくナイーヴな人間関係の中で、こういう生き方もあるのだなとについ考えさせてくれる一冊です。

終盤にかけてスピード感のあるストーリー展開に、どんどん読み進めたくなりました

カウントダウン

カウントダウン/山本文緒/角川文庫
本の書き出しをチェック

「どーも、みなさん、大春でーす」
「小春でーす」
「ふたり合わせて、大春小春でーす」  
よっ、待ってましたっ!
「大きいボクが、大春で」
「小さいボクが、ハムスターです」

あらすじ

岡花小春16歳。梅太郎とコンビでお笑いコンテストに挑戦したけれど、高飛車な美少女にけなされ散々な結果に。彼女は大手芸能プロ社長の娘だった! お笑いの世界を目指す高校生の奮闘を描く青春小説!

おすすめのポイント! 

山本さんは恋愛小説のイメージが強いかと思いますが、わたしはこの作品が1番お気に入りです。

漫才師を目指す高校生が、夢に恋に頑張りつつ世間の厳しさを知り、家族や教師など周りの大人たちの生き方にも影響を受けながら成長していく青春ストーリーです。

まとめ

山本文緒さんののおすすめ作品のあらすじ、本のポイントを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

自転しながら公転する
ブルーもしくはブルー
なぎさ
きっと君は泣く
カウントダウン

この記事を通して、本選びのきっかけになれば嬉しいです。

Amazonでお得に買うには

Amazonでちょっとでもお得に購入するなら、の購入がおすすめです。現金でチャージすると、チャージ額の最大2.5%分のポイントが貰えます。

紙の書籍も電子書籍も買えるhontoがおすすめ

紙の書籍を買うときはを使ってます。

小説はもちろん、実用書やコミック、雑誌なども幅広く取り扱っていて商品が豊富な点と、サイトの使いやすさが気に入っています。電子書籍も買えるので、紙の書籍も電子書籍も使い分け本を読んでるよ!という人には特におすすめです。

全国の丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店で使えるポイントも貯まるので、ぜひ登録してみて下さい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる