【厳選】寺地はるなのおすすめ小説5選〜リアルな人間模様を描き一歩踏み出す勇気を与えてくれる作品

こんにちは、原ちゃん(@harachan)です。

今回は寺地はるなさんのおすすめ作品を紹介したいと思います。

2014年第4回ポプラ社小説新人賞を受賞した『ビオレタ』でデビューした寺地はるなさんの作品は、リアルな人間模様と一歩踏み出す勇気を与えてくれるのが特徴です。

読了後は心があたたかくなるようなおすすめの作品を5冊紹介します。ぜひ読んでみて下さい。

月額980円で200万冊以上の書籍、漫画、雑誌が読み放題!好きな時に好きな端末で読める。

詳しくはこちら 🔜 Kindle Unlimited

目次

寺地はるなさん、まず読むならコレ!

おすすめの小説5選

寺地はるなさんのおすすめはこちらの5冊です!

ビオレタ
どうしてわたしはあの子じゃないの
夜が暗いとはかぎらない
ミナトホテルの裏庭には

架空の犬と嘘をつく猫

著者について

寺地はるな(てらち・はるな)
一九七七年佐賀県生まれ。大阪府在住。『ビオレタ』で第四回ポプラ社小説新人賞を受賞しデビュー。二〇二〇年度咲くやこの花賞文芸その他部門受賞。著書に『みちづれはいても、ひとり』『大人は泣かないと思っていた』『夜が暗いとはかぎらない』『わたしの良い子』『希望のゆくえ』『水を縫う』『やわらかい砂のうえ』『彼女が天使でなくなる日』『どうしてわたしはあの子じゃないの』『ほたるいしマジカルランド』などがある。

ビオレタ 

ビオレタ/寺地はるな/ポプラ文庫
本の書き出しをチェック

道端で泣くのはやめなさい。泣くのは結構。大いに結構。だけどこんな雨の日に道端にしゃがんで泣くような、そんな惨めったらしい真似はやめなさい。他人に見せつけるような泣きかたをするのはやめなさい。不幸な自分に酔うのはやめなさい。それからそんな風に哀れな子犬のような目でこっちを見るのはやめなさい。
その女の人は一息にそう言うと、猫の首を持ちあげる要領でわたしの襟を摑み、立ちあがらせた。

あらすじ

婚約者から突然別れを告げられた田中妙は、道端で大泣きしていたところを拾ってくれた菫さんが営む雑貨屋「ビオレタ」で働くことになる。そこは「棺桶」なる美しい箱を売る、少々風変わりな店。何事にも自信を持てなかった妙だが、ビオレタでの出会いを通し、少しずつ変わりはじめる。人生を自分の足で歩くことの豊かさをユーモラスに描き出す、心にしみる物語。

おすすめのポイント! 

第4回ポプラ社小説新人賞受賞作で寺地さんのデビュー作です。

雑貨屋「ビオレタ」の売り物は「棺桶」とよばれる美しい箱、行き場のない思い出や記憶をいれる「棺桶」をめぐるとてもインパクトのあるストーリーです。

ユーモアを交えコミカルな印象の文章ながら、人生を自分で歩いていくことの大切さを伝えてくれました。

どうしてわたしはあの子じゃないの

どうしてわたしはあの子じゃないの/寺地はるな/双葉社
本の書き出しをチェック

人を蹴るのははじめてだった。日常的に暴力をふるうような生きかたはしてこなかった。小学四年生の頃に「ぷくにゃんシール事件」というのがあって、その時オカモトサツキちゃんにビンタした、それがわたしの最古の暴力の記憶だ。

あらすじ

閉塞的な村から逃げだし、身寄りのない街で一人小説を書き続ける三島天は、ある日中学時代の友人のミナから連絡をもらう。中学の頃に書いた、大人になったお互いに向けての「手紙」を見つけたから、30才になった今開封しようというのだ——。他人との間で揺れる心と、誰しもの人生に宿るきらめきを描く、感動の成長物語。

おすすめのポイント! 

物語は主人公の天と同級生の藤生、ミナの視点が入れ替わりつつ、中学時代と30才になった今の様子が描かれています。

どうしてあの人が好きなのは私じゃないのか、どうしてあそこにいるのは自分じゃないのか、なぜあんな事をしてしまったのか。

思春期特有の「嫉妬、羨望、後悔」に向き合う、大人の青春小説です。

夜が暗いとはかぎらない 

夜が暗いとはかぎらない/寺地はるな/ポプラ社
本の書き出しをチェック

太陽がのぼる前のうす暗いこの時間は、いつだって心細くて、涙がにじみそうになる。 「わかる」と来人は同意するけれども、ほんとうにわかっているのだろうか。

あらすじ

大阪市近郊にある暁町。閉店が決まった「あかつきマーケット」のマスコット・あかつきんが突然失踪した。かと思いきや、町のあちこちに出没し、人助けをしているという。いったいなぜ――? さまざまな葛藤を抱えながら今日も頑張る人たちに寄りそう、心にやさしい明かりをともす13の物語。

おすすめのポイント! 

閉鎖の決まった商店街を舞台に、人助けをする不思議なマスコットが、町の人たちを変えていく感動作です。

奇跡が起きなくても、人生は続いていくから。

何気ない一言に心を動かされ、前を向いて歩き出す気持ちにさせてくれる一冊です。

ミナトホテルの裏庭には

ミナトホテルの裏庭には/寺地はるな/ポプラ文庫
本の書き出しをチェック

君は痛みを知っているか。痛みのなんたるかを知っているか。背後からナイフで刺されたことはあるか。前歯をへし折られたことは?じゃあ、爪を右手の小指から一枚ずつ剥がされたことは?ないか、ないのか。俺もないよ。一度もな。そう言い終えて、彼は静かに目を閉じた。どうやら気絶したらしかった。

あらすじ

大通りから入った閑静な地に佇む通称「ミナトホテル」は、大正末期に建てられたキャラメルのような見た目の宿泊施設だ。館内には四季折々美しい花が飾られ、骨董家具が設えられた六つの客室は防音仕様。看板を出していないのに、人知れず「眠れない」「食べられない」お客が集い、時には長期で滞在する人たちも――。
誰かと繋がりあうことのよろこびを、やさしく温かく力強く紡ぎ出した、心に響く物語。

おすすめのポイント! 

祖父から大正末期に建てられた宿泊施設「ミナトホテル」そこは、「わけあり」のお客が集ういっぷう変わったホテルだった――。

主人公の芯輔は、金一封をお礼に裏庭の鍵探しを頼まれます。さらには失踪したホテルの猫も捜す羽目にもなって。

物語にちりばめられた小さな謎も興味を惹かれるものばかりで面白く、ハートウォーミングな映画を見ているようなストーリーに心温まる作品です。

架空の犬と嘘をつく猫 

架空の犬と嘘をつく猫/寺地はるな/中公文庫
本の書き出しをチェック

この家にはまともな大人がひとりもいない、というのが姉の言いぶんで、山吹もなかばそれに同意する。

あらすじ

羽猫家は、みんな「嘘つき」である――。
空想の世界に生きる母、愛人の元に逃げる父、その全てに反発する姉、そして思い付きで動く適当な祖父と比較的まともな祖母。
そんな家の長男として生まれた山吹は、幼い頃から皆に合わせて成長してきた。だけど大人になり彼らの《嘘》がほどかれたとき、本当の家族の姿が見えてきて――?

おすすめのポイント! 

これは破綻した嘘をつき続けた家族の、とある素敵な物語!

ストーリーテーラーが次々と入れ替わり、そのたびに肉付けされ厚みの増していく展開に引き込まれます。なぜ羽猫家は嘘をつくのか――?

まとめ

寺地はるなさんのおすすめ作品のあらすじ、おすすめのポイントを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

この記事を通して、本選びのきっかけになれば嬉しいです。

Amazonでお得に買うには

Amazonでちょっとでもお得に購入するなら、の購入がおすすめです。現金でチャージすると、チャージ額の最大2.5%分のポイントが貰えます。

紙の書籍も電子書籍も買えるhontoがおすすめ

紙の書籍を買うときはを使ってます。

小説はもちろん、実用書やコミック、雑誌なども幅広く取り扱っていて商品が豊富な点と、サイトの使いやすさが気に入っています。電子書籍も買えるので、紙の書籍も電子書籍も使い分け本を読んでるよ!という人には特におすすめです。

全国の丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店で使えるポイントも貯まるので、ぜひ登録してみて下さい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる