エイプリルフールにもおすすめ『嘘』がテーマの小説10選、本のあらすじ・感想を紹介〜なりたい気分で選ぶ読書〜

こんにちは、原ちゃん(@harachan)です。

4月1日はエイプリルフール。なぜこの日だけは嘘をついていいのかご存知ですか?

今回はエイプリルフールの由来と、エイプリルフールにもぴったりの「嘘」をテーマにした小説を10冊紹介します。

月額980円で200万冊以上の書籍、漫画、雑誌が読み放題!好きな時に好きな端末で読める。

詳しくはこちら 🔜 Kindle Unlimited

目次

エイプリルフールの由来

日本語に直訳して「エイプリルフール=四月馬鹿」と言われることもある、騙された人のことを指している言葉です。

日本には大正時代に欧米から伝わりましたが、どのようにして始まったのかはっきりとした起源は分かっていません。

ここではいくつかの説をご紹介します。

インドの修行僧が3月25日〜31日まで座禅を組んで修行するが、修行が開けた4月1日にはすぐにまよいの境地に戻るという説

・1564年フランスでシャルル9世によって「新年の始まりを1月1日とする」という改暦が行われたとき、新暦に反対した人たちが、旧暦の4月1日を祝ったのが始まりという説

・17世紀イギリスの君主制回復を祝う「オークアップルデー」が始まりという説

諸説ありますが、春の到来を祝うお祭りという意味が強いと推測されているそうです。

原ちゃん

“ウソ”のイメージしかなかったです

エイプリルフールにもぴったりのおすすめの本を紹介します。

この嘘がばれないうちに

この嘘がばれないうちに/川口俊和/サンマーク出版
本の書き出しをチェック

とある街の、とある喫茶店の  
とある座席には不思議な都市伝説があった  
その席に座ると、その席に座っている間だけ  
望んだ通りの時間に移動ができるという

あらすじ

愛する人を想う気持ちが生み出した、不器用でやさしい4つの「嘘」。「過去にいられるのは、コーヒーが冷めるまでの間だけ」不思議な喫茶店フニクリフニクラにやってきた、4人の男たち。どうしても過去に戻りたい彼らの口には出せない本当の願いとは…?

感想 おすすめ度 

有村架純さん主演で映画化された『コーヒーが冷めないうちに』の続編です。

前作から6年後が描かれていて、『ワンピースの女』の正体など、ストーリーが繋がっているところも読んでいて嬉しかったです。

今を生きている自分が幸せでいることが、亡くなった人への供養やその人が生きた意味に繋がるというのが、とても素敵な考え方だなと思います。自分が生きていることが誰かの犠牲の上にあるとしたら、その人への感謝も込めて大切に日々を過ごしたいですね。

ジーンと心が温まる物語でした。続編の「思い出が消えないうちに」もおすすめです。

嘘と少年

嘘と少年/永瀬隼介/ポプラ社
本の書き出しをチェック

熱、がやってくる。長い長い廊下のむこうから突進してくる。金属の軋む音が迫る。どいてくださーい、と女性の甲高い声が響く。熱が濃く、大きくなる。

あらすじ

病室で二人の男が話をしている。かつて二人が少年だった頃の懐かしく切ない想い出―少年達は、消えた少女を捜すために冥い森へと入っていった。次々と暴かれるそれぞれの嘘。そして最後に明かされる哀しく切ない衝撃のラスト。

感想 おすすめ度 

不穏な雰囲気が漂っていてどんどん引き込まれて、緊張感溢れる作品です。読んでいてどこか閉塞感も感じるような展開で、久しぶりに怖いなと思いながら読みました

登山の描写もリアリティがあり、山好きな人はより楽しめるのではないでしょうか。

嘘/北國浩二/PHP文芸文庫
本の書き出しをチェック

気がつくと、硬くてごつごつしたものの上に、うつ伏せに横たわっていた。

あらすじ

あの夏、私たちは「家族」だった―。息子を事故で亡くした絵本作家の千紗子。長年、絶縁状態にあった父・孝蔵が認知症を発症したため、田舎に戻って介護をすることに。そんな中、事故によって記憶を失った少年との出会いが、すべてを変えていく。「嘘」から始まった暮らしではあるものの、少年と千紗子、孝蔵の三人は歪ながらも幸せな時を過ごす。しかし、破局の足音が近づいてきて…。ミステリ作家が描く、感動の家族小説。

感想 おすすめ度 

虐待によって肉体的にも精神的にも傷ついた少年と、最愛の息子を事故で亡くすもその苦しみから抜け出せない女性。自分たちに足りないものを補うように、親子として惹かれ合い希望を見出すもそう上手くはいかずもがいていくストーリー。

子どもの虐待、認知症と介護といった重い内容ですが、不思議と読みやすく一気読みしてしまいました。

闇に香る嘘

闇に香る嘘/下村敦史/講談社文庫
本の書き出しをチェック

横殴りの暴風雨が荒れ狂い、フルコンテナ船は翻弄されていた。大海がうねり、波頭が高山さながらに盛り上がっては、押し潰されてクレーターと化した。稲妻が夜空を鉤裂きにし、漆黒の海原を白く塗り替える。

あらすじ

孫への腎臓移植を望むも適さないと診断された村上和久は、兄の竜彦を頼る。しかし、移植どころか検査さえ拒絶する竜彦に疑念を抱く。目の前の男は実の兄なのか。27年前、中国残留孤児の兄が永住帰国した際、失明していた和久はその姿を視認できなかったのだ。驚愕の真相が待ち受ける江戸川乱歩賞受賞作。

感想 おすすめ度 

腎臓移植をきっかけに兄に対して疑心暗鬼となり、何もかもが怪しくなっていく展開に「どんな真実が待つのだろう。」とワクワクしながら読みました

残留孤児の問題についてほとんど知らなかったので、そういったきっかけとしても良い本だと思います。

嘘 Love Lies

嘘 Love Lies/村山由佳/新潮文庫
本の書き出しをチェック

ふり向けば、海が見える。  
見えるとわかっていてふり向くのに、いつもその光景のおおきさに胸打たれる。持ち手のない紙袋から、ぎっしり詰めた夏蜜柑がこぼれないようにかかえ直し、彼女は、片手を目の上にかざした。

あらすじ

幼い頃に養父を亡くし、母親の愛人から日常的に暴力を受けていた刀根秀俊(とね・ひでとし)に、十四歳のとき初めて気の置けない存在ができた。中学二年のクラス替えで、近くの席になった美月、陽菜乃、亮介だ。四人で過ごす時間は、秀俊にとってかけがえのないものとなる。しかしその年の夏休み、彼らをある事件が襲った。想像を絶するような悲劇に、四人の人生は一変してしまう。それから二十年。大人になった秀俊は、暴力の連鎖から抜け出せず、彼を思う美月、そして陽菜乃と亮介もまた、いまだ秘密と後悔にもがき続けていた。絶望の果てに辿り着く、究極の愛の物語。

感想 おすすめ度 

切なさに悶え読み必至! 絶望の果てに辿り着く、究極の愛の物語。仲良しだった中学生時代と大人になった現在の4人の人生が描かれています。

それぞれが抱える複雑な家庭環境や起こった悲劇にとても悲しくなり、涙腺は緩みっぱなしになりますが、それでも続きを読みたくなる一冊です。登場人物たちの心理描写も素晴らしく、感情が引っ張られるような感覚でした。

名探偵は嘘をつかない

名探偵は嘘をつかない/阿津川辰海/光文社文庫
本の書き出しをチェック

探偵が現場に着く頃には、全ては手遅れなのである。

あらすじ

名探偵・阿久津透。数々の事件を解決してきた彼は、証拠を捏造し、自らの犯罪を隠蔽したという罪で、本邦初の探偵弾劾裁判にかけられることになった。兄を見殺しにされた彼の助手、火村つかさは、裁判の請求人六名に名を連ねたが、その中には思わぬ人物も入っていて―!新人発掘プロジェクトから現れた鬼才、審査員を唸らせた必読のデビュー作、待望の文庫化!

感想 おすすめ度 

割と非現実的なトリックも使用されているので、リアリティのあるミステリーが好きな人には向かないかも知れません。

構成自体はすごく面白く、他の作品のオマージュ的要素も多く含まれているので、どこがなんの作品なのか見つけるのも楽しい作品です。

Fake 五十嵐貴久

Fake/五十嵐貴久/幻冬舎文庫
本の書き出しをチェック

脚を組んだまま、男が唇の端に微笑を浮かべた。

あらすじ

興信所の調査員・宮本と美貌の東大生・加奈は、浪人生・昌史を東京芸大に受からせるため、センター試験で完璧なカンニングを実行する。しかし、それは罠だった。全てを失った彼等は、昌史の父親を巻き込んで、復讐のため十億円を賭けたポーカーの勝負に打って出る。入念なイカサマを仕掛けた四人は、決して負けるはずがなかったのだが―。

感想 おすすめ度 

「和製コンゲーム(詐欺師が相手を信用させてお金を騙し取る物語)」ということで、どんなどんでん返しが来るのかと予測しながら読むのが楽しかったです。

緊張感もあってハラハラしながら読めたので、個人的には満足でした。文庫で560ページと割と厚めですが、一気読みで読むのがおすすめです。

嘘ばっか 新釈・世界おとぎ話

嘘ばっか 新釈・世界おとぎ話/佐野洋子/中公文庫
本の書き出しをチェック

あの舞踏会の美しい娘が、主人の先妻の子どものシンデレラだということは、だれでも知っていました。

あらすじ

自己プロデュースに長けた野心的なシンデレラ、きりぎりすの奏でる音色に心動かされるあり、おじいさんのこぶを愛するおばあさん…。誰もが知っているおとぎ話が、佐野洋子一流のユーモアと毒がたっぷり加わって様変わり。面白くてちょっぴり怖い、二十六篇の絵入りパロディ集。

感想 おすすめ度 

100万回生きたねこ』の作者、佐野洋子さんが描く大人のためのおとぎ話パロディ26篇です。

誰もが知っているおとぎ話だからこそ、ユーモアやちょっとした毒を交えて新しい視点で再構築されているのが、とても興味深かったです。

大人から子供まで楽しめると思います。

顔の見えない僕と噓つきな君の恋

顔の見えない僕と噓つきな君の恋/望月拓海/講談社タイガ
本の書き出しをチェック

はじまりは、今から十三年前の寒い冬の日だった──。

あらすじ

「君は運命の女性と出会う。ただし四回」占い師のたわごとだ。運命の恋って普通は一回だろう?大体、人には言えない特殊な体質と家族を持つ僕には、まともな恋なんてできるはずがない。そんな僕が巡り合った女性たち。人を信じられない僕が恋をするなんて!だけど僕は知ってしまった。嘘つきな君の秘密を―。僕の運命の相手は誰だったのか、あなたにも考えてほしいんだ。

感想 おすすめ度 

「運命の出会いでも、隠された真実に気づけないと結ばれない。」人の顔を認識できない主人公の人生を描いたドラマチックな物語です。

表紙の綺麗さに惹かれて手に取りましたが、ストーリー設定や話のテンポもよく、途中に何度も驚かされるシーンもありとても楽しめました

真っ白な嘘

真っ白な嘘/フレドリック・ブラウン/創元推理文庫
本の書き出しをチェック

きのうはニュース種の不作な日だったにちがいない。何しろ、シカゴの《サン》紙が、州南部のコービーヴィルに住むこびとの葬式に八センチも紙面を割いていたのだから。

あらすじ

短編を書かせては随一の巨匠の代表的作品集を新訳。雪の上の足跡をめぐる謎を描いた「笑う肉屋」、緊迫感溢れる「叫べ、沈黙よ」、江戸川乱歩編の名アンソロジー『世界推理短編傑作集』に選出された「危ないやつら」など、奇妙な着想と軽妙なプロットで書かれた名作が勢揃い!どこから読まれても結構です。ただし巻末の作品「後ろを見るな」だけは、ぜひ最後にお読みください。

感想 おすすめ度 

ミステリーとSFに定評のフレドリック・ブラウンの名作が新訳で18篇描かれた短編集です。

短編なので隙間時間に、好きな作品から読めるのがいいですよね。70年も前に書かれたとは思えないほど奇抜な発想と、予想外の展開でとても楽しめると思います

まとめ

今回は「嘘」をテーマにおすすめの小説を10作品を紹介しました。ぜひお気に入りのものを見つけて読書時間を楽しんで頂けると嬉しいです。

Amazonでお得に買うには

Amazonでちょっとでもお得に購入するなら、の購入がおすすめです。現金でチャージすると、チャージ額の最大2.5%分のポイントが貰えます。

紙の書籍も電子書籍も買えるhontoがおすすめ

紙の書籍を買うときはを使ってます。

小説はもちろん、実用書やコミック、雑誌なども幅広く取り扱っていて商品が豊富な点と、サイトの使いやすさが気に入っています。電子書籍も買えるので、紙の書籍も電子書籍も使い分け本を読んでるよ!という人には特におすすめです。

全国の丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店で使えるポイントも貯まるので、ぜひ登録してみて下さい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる